Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み

ITインフラの監視ツールである「Nagios XI」に複数の脆弱性が明らかとなり、アップデートがリリースされた。脆弱性の実証コード(PoC)もすでに公開されている。

「同5.7.3」に3件の脆弱性が明らかとなったもの。「CVE-2020-5791」「CVE-2020-5792」は、コマンドインジェクションの脆弱性。リモートよりアクセス可能な管理ユーザーにより、ウェブインタフェースから「Apache HTTP Server」の権限によってOSコマンドを実行されるおそれがある。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」における共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは、いずれも「7.2」としており、「高(High)」とレーティングされている。

またクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2020-5790」も判明した。細工したリンクをクリックすると、アプリケーションに対して不正な操作が行われるおそれがある。「NVD」による「CVSSv3.1」のベーススコアは「6.5」で重要度は「中(Medium)」。

ただし、「CVSS」のベーススコアに関して、Tenableでは「CVE-2020-5791」「CVE-2020-5792」を「4.7」、「CVE-2020-5790」を「4.2」とするなど、評価が異なっている。また「CVE-2020-5792」に関しては、CSRFと組み合わせて悪用することも可能であり、注意が必要だという。

Nagiosでは、脆弱性を修正した「同5.7.4」をリリースしており、利用者へ同バージョン以降へアップデートするよう求めている。また脆弱性の公表を受けて、Tenableでは、脆弱性の実証コード(PoC)を公開している。

(Security NEXT - 2020/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も