Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可

日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(NCA)は、第1回年次会合を一般公開イベント「NCA Annual Conference 2020」として、12月3日と4日にオンラインで開催する。

同協議会は一般社団法人としての登記から1年を迎えることから、第1回年次会合を一般公開イベントとして開催するもの。国内で活動するCSIRTの交流の場を提供し、同団体に未加盟であっても、セキュリティやインシデントマネジメントに興味のある経営者、現場担当者であれば業界や規模に関係なく参加できる。

基調講演や特別講演、車座会議、トレーニング、演習、ワークショップなどのほか、トークリレーやライトニングトーク、オンライン展示、レセプション、情報交換会などが行われる予定。

参加には事前登録が必要で参加費は2日間通し券で5000円(税別)。加盟組織や学校関係者には無料枠も用意されている。イベントの詳細や申し込みは、イベントの紹介サイトから。

(Security NEXT - 2020/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞候補、公募を開始
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
日本シーサート協議会が10周年、8月に記念イベントを開催