Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性

AMDのユーティリティソフトやグラフィックドライバに脆弱性が明らかとなった。脆弱性を修正したアップデートがリリースされている。

プロセッサ「AMD Ryzen」のオーバークロック制御用ユーティリティソフト「AMD Ryzen Master」に、システム権限を取得できる権限昇格の脆弱性「CVE-2020-12928」が明らかとなったもの。

同製品の実行時にローカル環境より攻撃を受けると権限が昇格するおそれがあるという。同社は脆弱性を解消した「同2.2.0.1543」をリリースした。

またWindows向けに同社より提供されているグラフィックドライバにサービス拒否の脆弱性「CVE-2020-12933」が明らかとなった。

域外のメモリを読み取む脆弱性でブルースクリーンが発生する可能性がある。脆弱性の判明を受け、同社は「Radeon Software Adrenalin 2020」のアップデートで対処したという。

(Security NEXT - 2020/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開