Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育関連書籍やグッズ扱う通販サイトに不正アクセス

仮説社は、教育関連の書籍や玩具などを取り扱う同社運営のオンライン通信販売サイト「Kasetusya ONLINE SHOP」が不正アクセスを受け、個人情報が外部に流出したことを明らかにした。

同社によれば、ウェブサイトが改ざんされ、2019年9月3日から2020年7月10日にかけて、決済時に入力されたクレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなど1128件の個人情報が外部に流出した可能性がある。

決済代行会社より7月10日に情報漏洩の可能性について指摘があり問題が発覚。クレジットカードによる取引を停止し、外部事業者による調査を行ったところ、判明した。

9月9日に調査は完了しており、9月11日に警察、9月18日に経済産業省および個人情報保護委員会へ報告を行ったとしている。

対象となる顧客に対しては、10月15日よりメールで連絡を取っており、経緯の説明や謝罪を実施。心当たりのない利用履歴がないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を