Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教育関連書籍やグッズ扱う通販サイトに不正アクセス

仮説社は、教育関連の書籍や玩具などを取り扱う同社運営のオンライン通信販売サイト「Kasetusya ONLINE SHOP」が不正アクセスを受け、個人情報が外部に流出したことを明らかにした。

同社によれば、ウェブサイトが改ざんされ、2019年9月3日から2020年7月10日にかけて、決済時に入力されたクレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなど1128件の個人情報が外部に流出した可能性がある。

決済代行会社より7月10日に情報漏洩の可能性について指摘があり問題が発覚。クレジットカードによる取引を停止し、外部事業者による調査を行ったところ、判明した。

9月9日に調査は完了しており、9月11日に警察、9月18日に経済産業省および個人情報保護委員会へ報告を行ったとしている。

対象となる顧客に対しては、10月15日よりメールで連絡を取っており、経緯の説明や謝罪を実施。心当たりのない利用履歴がないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「FFRI yarai」に新版、ログの収集機能を強化 - FFRI
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増