Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECのソフトェアWAFに脆弱性 - 権限昇格に悪用されるおそれ

NECが提供するウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の「InfoCage SiteShell」に、サービス実行ファイルの書き換えが可能となる脆弱性が判明した。

同製品のインストールフォルダ内に設置されるサービス実行ファイルの権限設定に脆弱性「CVE-2020-5632」が明らかとなったもの。「IIS版」「Apache Windows版」のいずれも影響を受ける。

問題のサービス実行ファイルには、書き換え可能となる権限がすべてのユーザーに付与されており、同サーバにログイン可能なユーザーによって権限の昇格に悪用されるおそれがある。

同社では「同V4.2」から「同V2.0」までについて、脆弱性を修正したアップデートをリリースした。「同V1.6」および以前のバージョンについても脆弱性の影響を受けるが、サポートが終了しているとして、「同V2.0」以降へバージョンアップするよう求めている。

(Security NEXT - 2020/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性