Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECのソフトェアWAFに脆弱性 - 権限昇格に悪用されるおそれ

NECが提供するウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の「InfoCage SiteShell」に、サービス実行ファイルの書き換えが可能となる脆弱性が判明した。

同製品のインストールフォルダ内に設置されるサービス実行ファイルの権限設定に脆弱性「CVE-2020-5632」が明らかとなったもの。「IIS版」「Apache Windows版」のいずれも影響を受ける。

問題のサービス実行ファイルには、書き換え可能となる権限がすべてのユーザーに付与されており、同サーバにログイン可能なユーザーによって権限の昇格に悪用されるおそれがある。

同社では「同V4.2」から「同V2.0」までについて、脆弱性を修正したアップデートをリリースした。「同V1.6」および以前のバージョンについても脆弱性の影響を受けるが、サポートが終了しているとして、「同V2.0」以降へバージョンアップするよう求めている。

(Security NEXT - 2020/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース