Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向

自社に大きな影響を及ぼすサードパーティのインシデントを経験した企業が2割弱にのぼることがわかった。多くの企業で対応コストの増加や、株価下落リスクへの警戒が広がっている。

Deloitteが、委託先や下請けなどサードパーティのリスクマネジメントに関する調査を実施し、結果を取りまとめたもの。同調査は、新型コロナウイルス感染症が拡大する以前の2019年11月から2020年1月にかけて行われたもので、20カ国の主要業種1145社以上が回答した。

過去3年間にサプライチェーンの障害やデータプライバシー侵害、ITサービスの中断など、顧客へのサービス提供や、財務状況、法規制への対応、企業評価などにインパクトが大きいサードパーティ関連のインシデントへ遭遇したとする企業は17%。前回2019年の調査から6ポイント上昇している。

また33%は、中程度の影響を及ぼすインシデントを経験。影響が限定的なインシデントに関しては、回答者の65%が遭遇していた。

(Security NEXT - 2020/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を策定
日本海事協会ら、模擬船上機器システムにペネトレ実施 - 成果報告書