Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向

自社に大きな影響を及ぼすサードパーティのインシデントを経験した企業が2割弱にのぼることがわかった。多くの企業で対応コストの増加や、株価下落リスクへの警戒が広がっている。

Deloitteが、委託先や下請けなどサードパーティのリスクマネジメントに関する調査を実施し、結果を取りまとめたもの。同調査は、新型コロナウイルス感染症が拡大する以前の2019年11月から2020年1月にかけて行われたもので、20カ国の主要業種1145社以上が回答した。

過去3年間にサプライチェーンの障害やデータプライバシー侵害、ITサービスの中断など、顧客へのサービス提供や、財務状況、法規制への対応、企業評価などにインパクトが大きいサードパーティ関連のインシデントへ遭遇したとする企業は17%。前回2019年の調査から6ポイント上昇している。

また33%は、中程度の影響を及ぼすインシデントを経験。影響が限定的なインシデントに関しては、回答者の65%が遭遇していた。

(Security NEXT - 2020/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
SNS利用者の約3割にリスクのある内容の拡散経験
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映
ドローン向けにサイバーセキュリティガイドライン - 経産省
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
セキュリティ経営ガイドラインのプラクティス集に改訂版
金融機関に対策徹底を再度要請、攻撃受けたら報告を - 金融庁
都内中小企業向けに特別相談窓口を開設 - サイバー攻撃リスクの増大受けて