Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性

McAfeeのウェブセキュリティゲートウェイ製品に複数の脆弱性が明らかとなった。深刻な脆弱性も含まれており、同社は利用者へアップデートを呼びかけている。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、「McAfee Web Gateway(MWG)」にあわせて6件の脆弱性が明らかとなったもの。7月に「CVE-2020-7292」の情報が公表され、9月に残る5件の脆弱性についても情報が追加された。

今回明らかとなったなかでも、入力値の検証不備に起因し、権限の昇格が生じる脆弱性「CVE-2020-7293」は、権限の低いユーザーによって「root」のパスワードが変更されるおそれがあるという。同社は同脆弱性について、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.0」とし、「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

「CVSS」のスコアが高い脆弱性としては、「CVE-2020-7296」が「5.7」で続くが、それ以外の脆弱性はいずれも「5.0」未満とされており、「中(Medium)」あるいは「低(Low)」と評価されている。

同社は、これら脆弱性について8月から9月上旬にかけてリリースした「同9.2.3」「8.2.11」「同7.8.2.23」で修正済みとしており、利用者へ注意を呼びかけている。今回修正された脆弱性は以下の通り。

CVE-2020-7292
CVE-2020-7293
CVE-2020-7294
CVE-2020-7295
CVE-2020-7296
CVE-2020-7297

(Security NEXT - 2020/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み