Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性

McAfeeのウェブセキュリティゲートウェイ製品に複数の脆弱性が明らかとなった。深刻な脆弱性も含まれており、同社は利用者へアップデートを呼びかけている。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、「McAfee Web Gateway(MWG)」にあわせて6件の脆弱性が明らかとなったもの。7月に「CVE-2020-7292」の情報が公表され、9月に残る5件の脆弱性についても情報が追加された。

今回明らかとなったなかでも、入力値の検証不備に起因し、権限の昇格が生じる脆弱性「CVE-2020-7293」は、権限の低いユーザーによって「root」のパスワードが変更されるおそれがあるという。同社は同脆弱性について、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.0」とし、「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

「CVSS」のスコアが高い脆弱性としては、「CVE-2020-7296」が「5.7」で続くが、それ以外の脆弱性はいずれも「5.0」未満とされており、「中(Medium)」あるいは「低(Low)」と評価されている。

同社は、これら脆弱性について8月から9月上旬にかけてリリースした「同9.2.3」「8.2.11」「同7.8.2.23」で修正済みとしており、利用者へ注意を呼びかけている。今回修正された脆弱性は以下の通り。

CVE-2020-7292
CVE-2020-7293
CVE-2020-7294
CVE-2020-7295
CVE-2020-7296
CVE-2020-7297

(Security NEXT - 2020/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正