Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏

メイントラック:法律&政策

・国境を越えたデータへの法執行機関のアクセス:提案されたEU e-Evidence規制の国際的な範囲(Anna-Maria Osula氏)

・Privacy Shield後の生活 - データ転送法は世界のビジネスを止めるか?(Jonathan Armstrong氏)

・東アジアとヨーロッパにおけるプライバシー保護とデータ侵害インシデント対応規制(Joy Ho, Vic Huang氏)

・コンピュータ犯罪者を守る(Andrea Monti氏)

・ウェブはワールドワイドだが政治はローカル:Balkanizingインターネットを生き残るための組織計画(Mei Nelson氏)

・脅威インテリジェンスによる中国の情報操作の分析(Che Chang氏、Silvia Yeh氏)

メイントラック:サイバー犯罪

・10万ドル相当のビットコインウォレットを盗んだのは誰か - 新しい詐欺的な餌で全員捕まえよう(Tan Kean Siong氏)

・不正なQQコミュニティ:何が共有されている?(Aaron Shraberg氏)

・私はトム:企業ネットワークにおいてAPTアクターがその内部で移動する方法(Aragorn Tseng氏、Charles Li氏)

メイントラック:U25 25歳以下

・Microsoft RPCおよびCOMでのCross-Server Xrefsの自動ハンティング(Sai Cheng氏、Yongqing He氏、Zhiming Wang氏)

・Ethereum 2.0のセキュリティ(Naoya Okanami氏)

(Security NEXT - 2020/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
独自コードで検証、「Apache HTTPD」の修正不備を発見
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み
サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル