Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年2Q、不正送金被害額が約1.7倍に拡大

法人における不正送金被害は13件、約1700万円だった。3件だった前四半期から増加し、10件を超えたのは2017年第3四半期から2年3四半期ぶりとなる。

法人における被害は昨今減少しており、被害全体に占める割合としては決して大きくないが、2020年第2四半期は、年間を通じて12件だった2019年をわずか1四半期で上回る水準となっており、警戒が必要だ。

不正送金被害に対する金融機関の補償状況を見ると、同四半期に対応方針が決定された57件のうち、56件については補償対象となったという。

(Security NEXT - 2020/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に