Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GitHub Enterprise」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正

「GitHub Enterprise Server」にリモートよりコードの実行が可能となる深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

同社によると、ユーザー制御に脆弱性「CVE-2020-10518」が明らかとなったもの。脆弱性の悪用には、同製品のインスタンス上で「GitHub Pages」の作成や構築する権限が必要となるが、リモートでコードを実行されるおそれがある。

同社は同脆弱性の重要度を「クリティカル(Critical)」と評価。また米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.8」で「高(High)」とレーティングされている。

また重要度を「中(Medium)」とするアクセス制御の脆弱性「CVE-2020-10517」についても明らかにした。いずれも同社のバグバウンティプログラムを通じて報告を受けたという。

同社は、脆弱性への対処のほか、バグの修正なども行った「GitHub Enterprise 2.21.6」「同2.20.15」「同2.19.21」をリリースした。

(Security NEXT - 2020/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性