Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性スキャナ「Nessus」に脆弱性が判明 - アップデートが公開

Tenableが提供する脆弱性スキャナ「Nessus」に脆弱性が判明し、アップデートがリリースされた。

同社によれば、「同8.11.0」および以前のバージョンに許可された期間よりも長いセッションを保持する脆弱性「CVE-2020-5774」が明らかとなったもの。

同社では脆弱性のリスク因子を「低(Low)」と評価。米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」における共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.1」で「高(High)」とレーティングされている。

同社では、脆弱性を修正した「同8.11.1」をリリース。利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
「EC-CUBE」に2件のXSS脆弱性が判明 - アップデートなど公開
RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
日立の仮想ファイルプラットフォームに脆弱性 - NECにも影響
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性を修正
「Firefox 89.0.1」が公開 - 脆弱性1件を修正
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
「EC-CUBE 3.0」向け複数プラグインに脆弱性 - 一部はすでに悪用も
「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起