Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロキシサーバ「Squid」に深刻な脆弱性 - DoS攻撃やキャッシュ汚染のおそれ

オープンソースのプロキシサーバ「Squid」に深刻な脆弱性3件が明らかとなった。アップデートが提供されている。

サービス拒否やキャッシュ汚染など3件の脆弱性が明らかとなったもの。いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「9」以上と高く、重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

「CVE-2020-24606」は、細工したメッセージによりCPUリソースを浪費させ、サービス拒否を引き起こすことが可能となる脆弱性。「cache_peer」ディレクティブを設定している場合に影響を受ける。「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.5」と今回判明した脆弱性のなかでもっとも高い。

「HTTPリクエストスマグリング攻撃」を受けるおそれがある「CVE-2020-15810」や、「HTTPリクエスト分割攻撃が可能となる「CVE-2020-15811」など、キャッシュポイズニングが生じるおそれがある脆弱性2件も判明。「CVSSv3.1」のベーススコアは、ともに「9.3」とされている。

開発チームは、脆弱性を修正した「同4.13」「同5.0.4」をリリース。パッチの提供や緩和策をアナウンスしており、利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に