Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府

大阪府は、感染症対策課において、患者の個人情報が記載された書類を誤って第三者へファックスで送信するミスが発生したことを公表した。

同府によれば、8月17日に同府感染症対策課において、治療計画や症状の経過が記載された診療情報提供書を誤って第三者へファックスで送信したもの。患者の姓、生年月日、年齢、医療機関名、症状の経過などが記載されていた。

提供書は転院の際に使用するため、転院にあたり医療機関よりファックスで受信した提供書を、別の医療機関へ送付しようとしたが、メモ用紙を使い回していたため、複数の番号が記載されており、誤って異なる番号に送信してしまったという。

同府では、第三者へ連絡して謝罪し、誤送信した文書の破棄を依頼。翌18日に対象となる患者の家族に対し説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2020/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市