Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規メール文面を悪用した「なりすましメール」を確認 - 神奈川県

神奈川県は、同県農政課が実際に送信したメールの内容を悪用した「なりすましメール」を確認したとして、注意を呼びかけている。

同県によれば、同課が6月11日に事業者に対して「感染防止対策取組書」の登録推進について案内するメールを送信したが、同メールの内容を悪用した「なりすましメール」を確認したという。

件名と本文が同じ「なりすましメール」が8月18日に送信元である同課に届いたもので、正規メールではファイルを添付していなかったが、第三者が送信した「なりすましメール」にはファイルが添付されていた。

同県では、6月11日にメールを送信した事業者に対し、ファックスによって注意を喚起。同課を名乗るメールであっても、送信者のメールアドレスなど不審な点がある場合は、添付ファイルや本文内のURLをクリックせず、メールごと削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
メール誤送信で会員のメアド流出 - 子ども向けプログラミング教室
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘