Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規メール文面を悪用した「なりすましメール」を確認 - 神奈川県

神奈川県は、同県農政課が実際に送信したメールの内容を悪用した「なりすましメール」を確認したとして、注意を呼びかけている。

同県によれば、同課が6月11日に事業者に対して「感染防止対策取組書」の登録推進について案内するメールを送信したが、同メールの内容を悪用した「なりすましメール」を確認したという。

件名と本文が同じ「なりすましメール」が8月18日に送信元である同課に届いたもので、正規メールではファイルを添付していなかったが、第三者が送信した「なりすましメール」にはファイルが添付されていた。

同県では、6月11日にメールを送信した事業者に対し、ファックスによって注意を喚起。同課を名乗るメールであっても、送信者のメールアドレスなど不審な点がある場合は、添付ファイルや本文内のURLをクリックせず、メールごと削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消