Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出

日本芸術文化振興会のウェブサイトが不正アクセスを受け、メールアドレスが外部に流出したことがわかった。

国立劇場や国立演芸場、国立能楽堂、国立文楽劇場の主催公演に関する情報やイベントなどを案内するため、同法人が毎月発行している「国立劇場メールマガジン」の登録メールアドレス5万4445件が、外部に流出したことを8月5日に確認したもの。

同法人によれば、同月3日にサイトの閲覧ができない状態に陥り、調査を行ったところ、前日2日21時半ごろから3日12時過ぎにかけて、外部から不正アクセスを受けていたことが判明したという。

同法人では、不正アクセスの発信元IPアドレスからの通信を遮断。同サイト内に保存していたメールアドレスを退避させ、メールマガジンの新規登録を停止した。

今回の問題を受け、同法人では同月7日に対象となるメールマガジン登録者に対し、報告と謝罪のメールを送信。調査結果を踏まえ、セキュリティ対策の強化により再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2020/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明