Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出

日本芸術文化振興会のウェブサイトが不正アクセスを受け、メールアドレスが外部に流出したことがわかった。

国立劇場や国立演芸場、国立能楽堂、国立文楽劇場の主催公演に関する情報やイベントなどを案内するため、同法人が毎月発行している「国立劇場メールマガジン」の登録メールアドレス5万4445件が、外部に流出したことを8月5日に確認したもの。

同法人によれば、同月3日にサイトの閲覧ができない状態に陥り、調査を行ったところ、前日2日21時半ごろから3日12時過ぎにかけて、外部から不正アクセスを受けていたことが判明したという。

同法人では、不正アクセスの発信元IPアドレスからの通信を遮断。同サイト内に保存していたメールアドレスを退避させ、メールマガジンの新規登録を停止した。

今回の問題を受け、同法人では同月7日に対象となるメールマガジン登録者に対し、報告と謝罪のメールを送信。調査結果を踏まえ、セキュリティ対策の強化により再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2020/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性