Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始

JPCERTコーディネーションセンターは、2021年2月12日に「制御システムセキュリティカンファレンス2021」を開催する。開催に向けて講演の募集を開始した。

同イベントは、国内外の産業制御機器(ICS)における脅威の現状や先進的な取り組みについて共有し、制御システムにおけるセキュリティ対策技術の向上やベストプラクティスの確立を目指すカンファレンスイベント。

参加費は無料。会場は浅草橋ヒューリックホールで、会場開催と並行してオンライン配信も実施する予定。状況によっては会場を無観客とし、オンライン配信のみとなる可能性もある。

開催に向けて、同センターでは産業用IoTにおけるセキュリティ対策やインシデントの対応事例、制御システムセキュリティに関する調査や研究結果などをテーマとした講演の募集(Call for Presentation)を開始した。

今回のイベントでは、新型コロナウイルス感染症の拡大にともなう製造環境への影響も想定されるとして、アフターコロナにおける制御システムのセキュリティ対策なども募集テーマに挙げている。

論文の応募締め切りは9月25日。募集要項は同イベントのページから。

(Security NEXT - 2020/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催
クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC
IPA、制御システムのリスク分析でセミナー開催
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
制御システムのリスク分析が学べるセミナー - IPA
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月