Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も

米政府は、中国の関与を名指しし、トロイの木馬「Taidoor」の脅威情報をマルウェア分析レポート(MAR:Malware Analysis Report)として取りまとめて公開し、注意喚起を行った。

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)や米連邦捜査局(FBI)、米国防総省(DoD)などが確認した「Taidoor」の変種を解析して結果を取りまとめ、「IoC(Indicators of Compromise)」情報を公開したもの。

20200804_ci_001.jpg
「Taidoor」を構成するファイルの検知状況。2種類のファイルについては一切検知されていなかった(画像:VirusTotal)

「Taidoor」は、少なくとも2008年ごろより活動しており、台湾の政府機関や教育機関を狙った標的型攻撃キャンペーンを展開したことで知られるマルウェア。

さらに米国の軍事関連企業や日本国内の組織でも攻撃が確認されており、中国の関与が疑われている。

CISAは、中国政府の攻撃者がマルウェアとプロキシサーバを組み合わせ、ネットワークを侵害していることを強く確信していると述べ、活動を抑制するために情報を公開したと中国を牽制した。

(Security NEXT - 2020/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
「Pulse Secure Connect」を侵害するマウルウェアレポート5件を公開 - 米政府
米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報
ニップンが基幹アプリ障害で決算発表延期、マルウェア感染か - 子会社も影響
富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず
欧州で拡散するAndroid狙うマルウェア「FluBot」 - 荷物追跡アプリ偽装
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起