Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市

神戸市は、介護予防事業の受託事業者において、個人情報含む同意書などが所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、介護予防事業の受託事業者であるJLC兵庫において、「利用者申請書兼同意書」を紛失していることが、7月28日に判明したもの。所在がわからなくなっている書類には、介護予防事業の利用者10人の氏名、住所、電話番号、緊急連絡先が記載されていた。

7月11日、同事業者は同意書を地域包括支援センターへ提出するため、同センターの建物に同意書を投函。しかし同センターでは受け取っておらず、捜索したが発見できなかった。

同市では対象となる利用者に電話で説明と謝罪を実施。事業開催時にあらためて詳細の説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
ふぐ料理店通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
加工食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出のおそれ
南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス