Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T

パーソルプロセス&テクノロジーは、同社が運用するメールサーバが迷惑メールの踏み台として悪用されたことを明らかにした。同社を装ったメールに注意を呼びかけている。

同社によれば、同社業務管理サービス「MITERAS」で利用するメールサーバが、2019年12月2日より第三者のメール送信を中継する状態となっており、2020年6月2日から7月20日にかけて、「miteras.jp」を送信元ドメインとする約25万件の迷惑メールが不特定多数へ送信されたという。

7月18日22時ごろ、メールサーバがダウン。調査を行ったところ問題が判明した。送信された迷惑メールの具体的な件名や本文の内容はわかっていないという。

同社では、外部からの通信を遮断し、不正中継できないようメールサーバの設定について見直しを実施。「MITERAS」において保有する情報の流出は確認されていないとしている。

送信元のドメインが「miteras.jp」となっている不審なメールを受信した場合は、添付ファイルやメール本文中のURLを開かず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工