Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気

電子機器総合メーカーの古野電気は、シンガポールのグループ会社のメールアカウントが不正アクセスを受け、取引先に迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、グループ会社FURUNO SINGAPOREのメールアカウントが不正アクセスを受け、取引先など約800件に対し、迷惑メールが送信されたという。

同社では、不正利用されたメールアカウントを停止。他メールアカウントについて調査し、同様の被害が発生していないことを確認した。また、迷惑メールが送信された取引先に対しては、グループ会社から説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
電子書籍ストアに不正ログイン - 外部でPWなど入手か
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局