Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気

電子機器総合メーカーの古野電気は、シンガポールのグループ会社のメールアカウントが不正アクセスを受け、取引先に迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同社によれば、グループ会社FURUNO SINGAPOREのメールアカウントが不正アクセスを受け、取引先など約800件に対し、迷惑メールが送信されたという。

同社では、不正利用されたメールアカウントを停止。他メールアカウントについて調査し、同様の被害が発生していないことを確認した。また、迷惑メールが送信された取引先に対しては、グループ会社から説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
ウォレットサービス「Kyash」で複数連携金融機関より不正チャージが発生
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済
不正アクセスでスパム送信の踏み台に - バイク修理業者
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大