Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響

NETGEARが提供するルーターやゲートウェイなど多数のネットワーク製品が影響を受けると見られるゼロデイ脆弱性が明らかとなった。同社では順次アップデートを提供するとともに、リモート管理をオフにするなど緩和策の実施を求めている。

リモートよりコードの実行が可能となるバッファオーバーフローの脆弱性や、認証の回避などあわせて10件の脆弱性が明らかとなったもの。Zero Day Initiativeが6月15日に公開した。

特に3件の脆弱性は共通脆弱性評価システムである「CVSSv3」において、ベーススコアが「8.8」、重要度が「高(High)」とレーティングされている。

ZDIによると、NETGEARへこれら脆弱性は2019年11月から2020年2月にかけて報告していたもので、その後の調整でNETGEARより6月末まで公開の延長を求められたが、120日が経過しており、ZDIでは6月15日を期限とし、ゼロデイ状態のまま公開に踏み切った。

これを受けてNETGEARは6月18日、セキュリティアドバイザリをリリース。一部国内未発売の製品も含まれるが、80近い製品が影響を受けると見られ、同社は対象製品の調査を進めるとともに、一部製品に対し、アップデートの提供を開始している。

(Security NEXT - 2020/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開