Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性

「e-Tax受付システム」のログイン機能を提供するChrome向け拡張機能「e-Tax受付システムAP」に脆弱性が判明した。

同ソフトは、パソコンからマイナンバーカードなどを利用して、「e-Tax受付システム」へログインすることが可能となる機能拡張。国税庁が提供している。

細工されたパラメータを読み込むと、任意のコマンドが実行されるおそれがある「CVE-2020-5601」が明らかとなった。共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のベーススコアは「5.0」とレーティングされている。

サイバーディフェンス研究所のucq氏が情報処理推進機構へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同庁では6月18日にアップデートとなる「同1.0.1.0」をリリースしており、利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開