Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性

「e-Tax受付システム」のログイン機能を提供するChrome向け拡張機能「e-Tax受付システムAP」に脆弱性が判明した。

同ソフトは、パソコンからマイナンバーカードなどを利用して、「e-Tax受付システム」へログインすることが可能となる機能拡張。国税庁が提供している。

細工されたパラメータを読み込むと、任意のコマンドが実行されるおそれがある「CVE-2020-5601」が明らかとなった。共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のベーススコアは「5.0」とレーティングされている。

サイバーディフェンス研究所のucq氏が情報処理推進機構へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同庁では6月18日にアップデートとなる「同1.0.1.0」をリリースしており、利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ