Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性

「e-Tax受付システム」のログイン機能を提供するChrome向け拡張機能「e-Tax受付システムAP」に脆弱性が判明した。

同ソフトは、パソコンからマイナンバーカードなどを利用して、「e-Tax受付システム」へログインすることが可能となる機能拡張。国税庁が提供している。

細工されたパラメータを読み込むと、任意のコマンドが実行されるおそれがある「CVE-2020-5601」が明らかとなった。共通脆弱性評価システムであるCVSSv3のベーススコアは「5.0」とレーティングされている。

サイバーディフェンス研究所のucq氏が情報処理推進機構へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。同庁では6月18日にアップデートとなる「同1.0.1.0」をリリースしており、利用者へアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース