Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀

百十四銀行の国分寺支店において、顧客情報が記載された伝票が所在不明となっている。

同行によれば、同支店で5月11日、12日に扱った伝票の紛失が判明したもの。顧客の氏名や住所、電話番号、口座番号、取引金額などが記載されており、個人113件、法人93件のあわせて206件の顧客情報が含まれる。

顧客から問い合わせがあり、6月8日に取引内容を伝票で確認しようとしたところ、見当たらなかったという。同行ではこれら伝票について、誤って廃棄した可能性が高いと説明。紛失した情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2020/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市