Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀

百十四銀行の国分寺支店において、顧客情報が記載された伝票が所在不明となっている。

同行によれば、同支店で5月11日、12日に扱った伝票の紛失が判明したもの。顧客の氏名や住所、電話番号、口座番号、取引金額などが記載されており、個人113件、法人93件のあわせて206件の顧客情報が含まれる。

顧客から問い合わせがあり、6月8日に取引内容を伝票で確認しようとしたところ、見当たらなかったという。同行ではこれら伝票について、誤って廃棄した可能性が高いと説明。紛失した情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2020/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
ウェブ公開した記入用「ふるさと納税申込書」に個人情報 - 伊方町
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
ファイル取り違え、個人情報残る報告書をサイトで公開 - 滋賀県
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター