Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

App Storeに「VPNアプリ」と見せかけた詐欺アプリ

新型コロナウイルス感染症の拡大でテレワークの利用が増えるなか、実際は機能を提供せずにサブスクリプション料金を請求する「VPN」を装った詐欺アプリがApp Store上で確認されたとしてセキュリティベンダーが注意喚起を行った。

App StoreでiOS向けに提供されていた3件のアプリ「Beetle VPN」「Buckler VPN」「Hat VPN Pro」についてAvast Softwareが分析し、実際はVPN機能を有しておらず、詐欺ソフトの疑いがあると指摘したもの。

同社がこれらアプリのサブスクリプション契約を行い、VPNの機能が利用できるか検証したが、いずれもVPN接続を確立することはできなかったという。いずれも3日間は無料で使用できるとしているが、その後は1週間あたり9.99ドルを請求される。

これらアプリは、2019年4月から2020年5月にかけて、少ないもので10万回弱、多いものでは40万回以上ダウンロードされていたと見られる。レビューではいずれも高評価になっているが文面は似通っており、同社は実際の利用者ではなく、関係者による投稿の可能性が高いと指摘している。

(Security NEXT - 2020/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG