Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

App Storeに「VPNアプリ」と見せかけた詐欺アプリ

新型コロナウイルス感染症の拡大でテレワークの利用が増えるなか、実際は機能を提供せずにサブスクリプション料金を請求する「VPN」を装った詐欺アプリがApp Store上で確認されたとしてセキュリティベンダーが注意喚起を行った。

App StoreでiOS向けに提供されていた3件のアプリ「Beetle VPN」「Buckler VPN」「Hat VPN Pro」についてAvast Softwareが分析し、実際はVPN機能を有しておらず、詐欺ソフトの疑いがあると指摘したもの。

同社がこれらアプリのサブスクリプション契約を行い、VPNの機能が利用できるか検証したが、いずれもVPN接続を確立することはできなかったという。いずれも3日間は無料で使用できるとしているが、その後は1週間あたり9.99ドルを請求される。

これらアプリは、2019年4月から2020年5月にかけて、少ないもので10万回弱、多いものでは40万回以上ダウンロードされていたと見られる。レビューではいずれも高評価になっているが文面は似通っており、同社は実際の利用者ではなく、関係者による投稿の可能性が高いと指摘している。

(Security NEXT - 2020/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
取扱販売店検索サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - コクヨ
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
不正アクセスで顧客宛に詐欺メール、個人情報流出の可能性も - 暗号資産取引所
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用