Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処

Googleは、「Windows」「macOS」「Linux」向けにセキュリティアップデートとなる「Chrome 83.0.4103.97」を公開した。iOSに対してもアップデートをリリースし、脆弱性を解消したという。

開発チームによると、デスクトップ向けの更新では、セキュリティに関する5件の修正を実施。CVEベースで4件の脆弱性に対処したことを明らかにした。

いずれの脆弱性も重要度は4段階中、上から2番めにあたる「高(High)」とレーティングされている。ウェブ認証において解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-6493」や、デベロッパーツールにおいてポリシーの実施が不十分である「CVE-2020-6495」に対応した。

さらにペイメント機能における「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-6496」やUIに関する脆弱性「CVE-2020-6494」を修正した。同社では利用者に対し、数日から数週間以内に同バージョンを展開していく。

さらに同社は、Appleのスマートデバイスが搭載するiOS向けにアップデートとなる「同83.0.4103.88」をリリースし、2件の脆弱性に対処したことを明らかにした。今回修正された「CVE-2020-6497」「CVE-2020-6498」のいずれも、重要度は4段階中上から3番目にあたる「Medium」としている。

(Security NEXT - 2020/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も