Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処

Googleは、「Windows」「macOS」「Linux」向けにセキュリティアップデートとなる「Chrome 83.0.4103.97」を公開した。iOSに対してもアップデートをリリースし、脆弱性を解消したという。

開発チームによると、デスクトップ向けの更新では、セキュリティに関する5件の修正を実施。CVEベースで4件の脆弱性に対処したことを明らかにした。

いずれの脆弱性も重要度は4段階中、上から2番めにあたる「高(High)」とレーティングされている。ウェブ認証において解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-6493」や、デベロッパーツールにおいてポリシーの実施が不十分である「CVE-2020-6495」に対応した。

さらにペイメント機能における「Use After Free」の脆弱性「CVE-2020-6496」やUIに関する脆弱性「CVE-2020-6494」を修正した。同社では利用者に対し、数日から数週間以内に同バージョンを展開していく。

さらに同社は、Appleのスマートデバイスが搭載するiOS向けにアップデートとなる「同83.0.4103.88」をリリースし、2件の脆弱性に対処したことを明らかにした。今回修正された「CVE-2020-6497」「CVE-2020-6498」のいずれも、重要度は4段階中上から3番目にあたる「Medium」としている。

(Security NEXT - 2020/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
独自コードで検証、「Apache HTTPD」の修正不備を発見
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
「Firefox 93」が登場 - 機能強化や脆弱性の修正を実施
「Salesforce DX」のCLIで作成したURL、誰でも管理画面へアクセス可能に
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス