Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」

サイバートラストは、組織における端末の利用状況を可視化し、レポートを提供する「コンプライアンス調査サービス」を提供開始した。

同サービスは、端末におけるマルウェアの感染や利用状況を調査し、レポートを提供することでコンプライアンス対応を支援するもの。

サービスの提供にあたってはDOUZONE JAPANの技術を採用しており、組織内のパソコンやサーバに専用デバイスを接続して監査対象の情報を収集。アカウントの挙動やシステム、データの状況を把握、調査する。収集した情報は同社が分析し、レポートを提供するという。

具体的には、マルウェアの感染、不正なソフトウェアのインストールやそれにともなう情報流出、パソコン内の個人情報、メールや外部メディアによるデータの持ち出し、未許可アクセスポイントや不正サイトへの接続状況など、リスク要因を可視化するとしている。

(Security NEXT - 2020/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プライバシー影響評価の構築支援サービス - PwCあらた
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
名古屋大と車載イーサネット分野の共同研究を開始 - セキュアイノベーション
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
組織のセキュリティ対応方針を支援するサービス - サイバーリーズン
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
サプライチェーンのセキュリティ評価サービスを機能強化 - NRIセキュア
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表