Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に

2019年にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシング報告件数は5万6000件近くにのぼり、前年の約2.8倍へと拡大した。

同協議会が、2019年におけるフィッシングの被害状況や攻撃手法などを「フィッシングレポート2020」として取りまとめたもの。2019年に寄せられたフィッシングの報告は、1年を通じて増加傾向が続き、前年の1万9960件から約2.8倍にあたる5万5787件へと大幅に増加した。

クレジットカード情報の詐取を目的とした攻撃を中心に、金融機関における送金や、キャリア決済など、幅広い金融決済サービスが標的となったという。

国内金融機関を装うフィッシングは、ワンタイムパスワードの導入が進んだことから、2014年以降報告が減少していたが、同年5月ごろよりふたたび報告が増加。8月にはワンタイムパスワードを詐取し、即時に不正送金を行う手法が用いられ、実際に金銭的被害が確認されている。

あわせて同年は、SMSを使ったフィッシングである「スミッシング」の報告も多く寄せられた。国内の金融機関、通信キャリア、宅配便の不在通知などをかたるケースが目立ち、海外のSMS事業者や電話番号が発信元となるケースが多かった。

(Security NEXT - 2020/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多