Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に

2019年にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシング報告件数は5万6000件近くにのぼり、前年の約2.8倍へと拡大した。

同協議会が、2019年におけるフィッシングの被害状況や攻撃手法などを「フィッシングレポート2020」として取りまとめたもの。2019年に寄せられたフィッシングの報告は、1年を通じて増加傾向が続き、前年の1万9960件から約2.8倍にあたる5万5787件へと大幅に増加した。

クレジットカード情報の詐取を目的とした攻撃を中心に、金融機関における送金や、キャリア決済など、幅広い金融決済サービスが標的となったという。

国内金融機関を装うフィッシングは、ワンタイムパスワードの導入が進んだことから、2014年以降報告が減少していたが、同年5月ごろよりふたたび報告が増加。8月にはワンタイムパスワードを詐取し、即時に不正送金を行う手法が用いられ、実際に金銭的被害が確認されている。

あわせて同年は、SMSを使ったフィッシングである「スミッシング」の報告も多く寄せられた。国内の金融機関、通信キャリア、宅配便の不在通知などをかたるケースが目立ち、海外のSMS事業者や電話番号が発信元となるケースが多かった。

(Security NEXT - 2020/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開