Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る

個人間取引サービス「メルカリ」を装うフィッシング攻撃が確認された。同サービスを展開するメルカリやフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

「サービスが中断された」などとだまし、確認作業を行わないと出品が取り下げになるどとして不安を煽り、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が展開されているもの。誘導先では、ログインページを装い、アカウント情報や氏名、住所、電話番号、クレジットカード情報などをだまし取ろうとしていた。

今回確認されたメールの本文では、「サービスが中断された」とする記載がある一方、「有効期限が近づいている」などあやふやな説明が目立つ。また「このサスペンションの詳細は次の通り」といった言い回しや、当初カタカナで表記されていた「メルカリ」が、突如英語表記「mercari」に変わるなど不自然な記載も目立つ。

メルカリでは、フィッシングサイトが確認されたことを受け、利用者に対してウェブサイトやメールを通じて注意喚起を実施。6月2日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か