Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る

個人間取引サービス「メルカリ」を装うフィッシング攻撃が確認された。同サービスを展開するメルカリやフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

「サービスが中断された」などとだまし、確認作業を行わないと出品が取り下げになるどとして不安を煽り、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が展開されているもの。誘導先では、ログインページを装い、アカウント情報や氏名、住所、電話番号、クレジットカード情報などをだまし取ろうとしていた。

今回確認されたメールの本文では、「サービスが中断された」とする記載がある一方、「有効期限が近づいている」などあやふやな説明が目立つ。また「このサスペンションの詳細は次の通り」といった言い回しや、当初カタカナで表記されていた「メルカリ」が、突如英語表記「mercari」に変わるなど不自然な記載も目立つ。

メルカリでは、フィッシングサイトが確認されたことを受け、利用者に対してウェブサイトやメールを通じて注意喚起を実施。6月2日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み