Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正

「Cybozu Desktop」のWindows版に任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性が明らかになった。

中間者攻撃を受けた場合に任意のコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-5537」が明らかになったもの。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のスコアは「8.3」とレーティングされている。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの米山俊嗣氏がサイボウズに報告したもの。同社ではWindows向けにアップデートとなる「同2.2.42」をリリースするとともに、周知を目的に同社サイトやJVNを通じても情報を公表している。

(Security NEXT - 2020/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性