Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件

Googleは、ブラウザの最新版「Chrome 83」をリリースした。機能強化のほか、セキュリティに関する38件の修正を実施している。

今回公開した「Chrome 83.0.4103.61」では、クロスサイトスクリプティング(XSS)対策を強化。あらたなクロスオリジンポリシーを採用したほか、「同79」以降でテストされてきた「DNS over HTTPS(DoH)」の一部機能について提供を開始した。

セキュリティに関する修正は38件としており、CVEベースで27件を解消したことを明らかにしている。今回修正された脆弱性に、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に高い「高(High)」とされる脆弱性は5件で、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性や型の取り違え、ポリシー適用の不具合などへ対処した。

さらに1段階低い「中(Medium)」の脆弱性17件や「低(Low)」5件についても修正している。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-6465
CVE-2020-6466
CVE-2020-6467
CVE-2020-6468
CVE-2020-6469
CVE-2020-6470
CVE-2020-6471
CVE-2020-6472
CVE-2020-6473
CVE-2020-6474
CVE-2020-6475
CVE-2020-6476
CVE-2020-6477
CVE-2020-6478
CVE-2020-6479
CVE-2020-6480
CVE-2020-6481
CVE-2020-6482
CVE-2020-6483
CVE-2020-6484
CVE-2020-6485
CVE-2020-6486
CVE-2020-6487
CVE-2020-6488
CVE-2020-6489
CVE-2020-6490
CVE-2020-6491

(Security NEXT - 2020/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者