Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件

Googleは、ブラウザの最新版「Chrome 83」をリリースした。機能強化のほか、セキュリティに関する38件の修正を実施している。

今回公開した「Chrome 83.0.4103.61」では、クロスサイトスクリプティング(XSS)対策を強化。あらたなクロスオリジンポリシーを採用したほか、「同79」以降でテストされてきた「DNS over HTTPS(DoH)」の一部機能について提供を開始した。

セキュリティに関する修正は38件としており、CVEベースで27件を解消したことを明らかにしている。今回修正された脆弱性に、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に高い「高(High)」とされる脆弱性は5件で、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性や型の取り違え、ポリシー適用の不具合などへ対処した。

さらに1段階低い「中(Medium)」の脆弱性17件や「低(Low)」5件についても修正している。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-6465
CVE-2020-6466
CVE-2020-6467
CVE-2020-6468
CVE-2020-6469
CVE-2020-6470
CVE-2020-6471
CVE-2020-6472
CVE-2020-6473
CVE-2020-6474
CVE-2020-6475
CVE-2020-6476
CVE-2020-6477
CVE-2020-6478
CVE-2020-6479
CVE-2020-6480
CVE-2020-6481
CVE-2020-6482
CVE-2020-6483
CVE-2020-6484
CVE-2020-6485
CVE-2020-6486
CVE-2020-6487
CVE-2020-6488
CVE-2020-6489
CVE-2020-6490
CVE-2020-6491

(Security NEXT - 2020/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「水道料金を払わないと断水する」とだますフィッシング - 被害も発生
メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
保護動物情報を掲載する山口県動物愛護センターのサイトが改ざん
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
「Joshin web」のフィッシングサイトに注意 - 「3Dセキュア」も要求
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト