Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報を学生向けサイトで誤配信 - ルーテル学院大

ルーテル学院大学は、教員が学生向けポータルサイトより配信したメッセージに、学生の個人情報含む文書を誤って添付していたことを明らかにした。

同大によれば、5月4日15時過ぎ、教員が担当科目の履修学生85人に対し配信したメッセージに、講義資料ではなく学生の個人情報含む文書を誤って添付したという。問題の文書には、学生5人分の学籍番号、イニシャル、プライバシーに関わる情報が含まれていた。

同日22時ごろ、学生から指摘があり問題が判明。一部の学生はすでにポータルサイトにログインしており、誤配信された文書にアクセスした可能性があることがわかった。

同大から連絡を受けた教員は、ポータルサイトに配信されたメッセージと添付文書を削除。履修学生に対して対象のメッセージと添付文書の削除を求めた。同大では、個人情報が流出した学生5人に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
電気通信事業法の届出関連文書をメールに誤添付 - 総務省
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
変異株陽性者の個人情報を県内自治体などへ誤送信 - 長野県