Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報を学生向けサイトで誤配信 - ルーテル学院大

ルーテル学院大学は、教員が学生向けポータルサイトより配信したメッセージに、学生の個人情報含む文書を誤って添付していたことを明らかにした。

同大によれば、5月4日15時過ぎ、教員が担当科目の履修学生85人に対し配信したメッセージに、講義資料ではなく学生の個人情報含む文書を誤って添付したという。問題の文書には、学生5人分の学籍番号、イニシャル、プライバシーに関わる情報が含まれていた。

同日22時ごろ、学生から指摘があり問題が判明。一部の学生はすでにポータルサイトにログインしており、誤配信された文書にアクセスした可能性があることがわかった。

同大から連絡を受けた教員は、ポータルサイトに配信されたメッセージと添付文書を削除。履修学生に対して対象のメッセージと添付文書の削除を求めた。同大では、個人情報が流出した学生5人に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
在籍者一覧など学生情報含むファイルを誤送付 - 尚美学園大
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市
ふるさと納税寄付者の個人情報を庁内24部署にメールで誤送信 - 堺市
保育所配信システムで個人情報含む文書を誤送信 - 那珂市
市立校で児童健康調査票を誤送信、メアド入力ミスで - 安曇野市
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
認知症高齢者の発見協力者を登録ミス、第三者にメール送信 - 大阪市
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ