Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SaltStack」のスキャン行為を観測 - JPCERT/CC

「SaltStack(Salt)」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、JPCERTコーディネーションセンターは、対象ポートに対するスキャン行為を観測しているとして注意を呼びかけた。

同ツールは、システムの構成管理に広く利用されているオープンソースのソフトウェア。マスターサーバである「Salt Master」が外部よりアクセスできる場合に、悪用されるおそれがある「CVE-2020-11651」など複数の脆弱性が明らかとなった

同脆弱性について注意喚起を発表した同センターは、すでに実証コードを確認しているほか、悪用されたとの情報を得ていると説明。

また同センターが設置する定点観測システムにおいて、「Salt Master」で利用するTCP 4505番ポートや、TCP 4506番ポートに対するスキャンを確認しているという。

修正版となる「同2019.2.4」「同3000.2」がリリースされており、同センターでは利用者に対し、アップデートの実施など脆弱性へ対応するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開