Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市

広島市立リハビリテーション病院において、入院患者の個人情報が保存されたUSBメモリの所在がわからなくなっている。

広島市立病院機構によれば、患者101人分の情報を保存した私物のUSBメモリを職員が院外に持ち出し、紛失したもの。患者の氏名、生年月日、性別、主治医および薬剤師の氏名、薬剤の処方内容などが保存されていた。

同院では、USBメモリの利用にあたり、貸与したものに制限し、個人所有のUSBメモリを使用することや、診療情報を許可なく持ち出すことについて禁止していたが、守られていなかった。

紛失の判明を受け、同院では対象となる患者や家族など関係者に対して事情の報告や謝罪を実施。情報の悪用などの報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2020/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県