Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀

三井住友銀行は、顧客情報が保存されたハードディスク2台が所在不明となっていることを明らかにした。

保守業務を委託しているOKIクロステックにおいて、同社データを記録したハードディスクの紛失が判明したもの。

2009年1月21日から2018年10月15日にかけて同行葛西支店において通帳の新規発行や繰り越しを行った約7万件の取引情報が保存されていた。

氏名や法人の名称、口座番号、入出金額、残高、処理内容などの情報が含まれるが、氏名や入出金額、残高については、同社の仕様に従い英数字や記号などへ変換されているという。

不正に持ち出された形跡は見つかっておらず、不正利用などの問い合わせなども同行に寄せられていないという。

(Security NEXT - 2020/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市