Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀

三井住友銀行は、顧客情報が保存されたハードディスク2台が所在不明となっていることを明らかにした。

保守業務を委託しているOKIクロステックにおいて、同社データを記録したハードディスクの紛失が判明したもの。

2009年1月21日から2018年10月15日にかけて同行葛西支店において通帳の新規発行や繰り越しを行った約7万件の取引情報が保存されていた。

氏名や法人の名称、口座番号、入出金額、残高、処理内容などの情報が含まれるが、氏名や入出金額、残高については、同社の仕様に従い英数字や記号などへ変換されているという。

不正に持ち出された形跡は見つかっておらず、不正利用などの問い合わせなども同行に寄せられていないという。

(Security NEXT - 2020/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市
個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府