Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows版の「Avira Antivirus」に重要度「高」の脆弱性

セキュリティ対策ソフト「Avira Antivirus」のWindows版に、権限の昇格やサービス拒否が生じるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

シンボリックリンクの処理に脆弱性「CVE-2020-12254」が存在し、コードインジェクションによって自身を保護する機能をバイパスしたり、再起動後にサービス拒否へ陥る問題が明らかとなり対処したもの。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.8」で重要度は4段階中2番目にあたる「高(High)」とレーティングされている。

同社は「同15.0.2004.1825」をリリース。脆弱性を修正した。

(Security NEXT - 2020/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ