Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立病院や高校における個人情報の処理ミスを公表 - 新潟県

新潟県は、県立中央病院や県立高校において発生した個人情報関連の事故を公表した。

県立高校のケースでは、給付金の支払い手続きにおいて確認が不十分で、対象ではない別の生徒の保護者へ通知書を発送、給付金を支払うミスがあった。

4月23日、通知書を受け取った保護者から連絡があり判明。同校では謝罪するとともに、本来の受取人である保護者にあらためて支払い手続きを行った。

また4月22日17時半ごろ、県立中央病院の救急会計窓口で、外来診療費領収書と診療明細書を、別の患者に交付するミスがあった。

窓口で患者を呼んだところ、別の患者が取りにきたが、本人確認を十分行わずそのまま渡してしまったという。領収書には患者の氏名、住所、生年月日、IDが記載されていた。

(Security NEXT - 2020/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性