Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeのエンドポイント製品に重要度「高」3件含む脆弱性

McAfeeのエンドポイント向けセキュリティ製品「Endpoint Security for Windows」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、権限の昇格やファイルの改ざん、サービス拒否、安全性の低下など、あわせて11件の脆弱性が明らかとなったもの。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアは、権限の昇格が生じる「CVE-2020-7257」がもっとも高く、「8.4」。

次いで「CVE-2020-7250」が「8.2」、「CVE-2020-7278」が「7.4」とされており、これら3件が重要度「高(High)」だった。のこる8件については、7件が「中(Medium)」、1件が「低(Low)」とレーティングされている。

同社は、これら脆弱性を修正した「同10.7.0 April 2020 Update」「同10.6.1 April 2020 Update」「同10.5.5 Security Hotfix 129256」をリリース。アップデートを呼びかけている。

20200424_mc_001.jpg
脆弱性の影響一覧(表:McAfee)

(Security NEXT - 2020/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 修正パッチが公開
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
独自コードで検証、「Apache HTTPD」の修正不備を発見
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み