Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自宅作業で県システムのPWをメール、送信先誤る - 佐賀県

佐賀県は、職員が自宅作業のために同県が管理するシステムのログインIDやパスワードをメールで送信しようとしたところ、誤って第三者へ送信する事故が発生したことを明らかにした。

同県によれば、4月17日18時半ごろ、職員が管理するウェブサイトの更新を自宅で行うため、許可なくシステムのログイン情報のリストをメールで送信したもの。くわえて自宅のパソコンで利用する個人のメールアドレスへ送信したつもりが、誤ったメールアドレスに送信していたという。

メールには、大容量のファイルを送受信するシステムのURLやログインするためのID、パスワードを記載。同システム上には、自治体や個人、企業のメールアドレス129件や、メールの送受信情報が保存されていた。

またメールには、移住ポータルサイト「サガスマイル」や議事録作成支援システムの管理者向けURLとともにIDやパスワードを記載していた。

送信から20分後に職員がミスに気付き、情報セキュリティ窓口へ連絡。ファイル送受信システムのログイン情報を変更した。移住ポータルサイトと議事録作成支援システムのログイン情報は職員が変更を行った。

同日21時過ぎの時点で第三者によってシステムにログインされた形跡はなかったという。

(Security NEXT - 2020/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本