Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が個人情報紛失、名古屋市教委へ届き10カ月後に回収 - 大阪市

大阪市は、小学校の教員が児童の個人情報含む手帳を紛失していたことを明らかにした。紛失から約10カ月後、名古屋市教育委員会へ届けられたという。

同市によれば、2019年6月中旬に市立小学校の教員が手帳を紛失したもの。手帳には、児童の氏名41人分と保護者の氏名5人分、児童の生活状況に関するメモ12人分、外部講師の氏名1人分が記載されたノートを挟んでいた。

枚方市の施設で同手帳を拾得したとする人物から匿名で郵送を受けたとする名古屋市教育委員会から、大阪市教育委員会へ2020年4月6日に連絡があり、同拾得物が教員の紛失物であることを確認した。

同教員は、手帳を職員室に保管していたとし、過去数年間、枚方市にも行ったことはないとしており、同市では紛失経路など詳しく調べている。

今回の問題を受けて同市では、警察へ相談するほか、対象となる児童および保護者に対し、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就学援助申請書類が小学校の回議で所在不明に - 名古屋市
小学校で児童の個人情報含む書類が所在不明、判明は4月 - 横須賀市
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市
市立小で「家庭連絡票」ファイル6冊が所在不明に - 大阪市
市内3校で健康診断票が所在不明、引継時に紛失か - 尼崎市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
小学校で健康診断記録を別の児童に配布 - 大阪市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市