Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

預かり資産など含む顧客情報が流出 - 大和証券

大和証券において、同社顧客情報が記載された内部資料の一部が、外部に流出していることがわかった。

同社によれば、外部への流出が明らかとなったのは、福岡支店の顧客リスト3枚。これら資料には、2017年9月時点の法人や個人の顧客171人分の顧客情報が記載されていた。氏名、住所、年齢、性別、職業、口座開設日、口座番号、預かり資産額などが含まれる。

同社では、対象となる顧客に対して事情を説明し、謝罪。これら以外にも顧客情報が流出している可能性があるとして、詳細について調査を進めており、判明次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2020/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
サーバから顧客情報が削除され不正持ち出し - コンサル会社
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研