Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

預かり資産など含む顧客情報が流出 - 大和証券

大和証券において、同社顧客情報が記載された内部資料の一部が、外部に流出していることがわかった。

同社によれば、外部への流出が明らかとなったのは、福岡支店の顧客リスト3枚。これら資料には、2017年9月時点の法人や個人の顧客171人分の顧客情報が記載されていた。氏名、住所、年齢、性別、職業、口座開設日、口座番号、預かり資産額などが含まれる。

同社では、対象となる顧客に対して事情を説明し、謝罪。これら以外にも顧客情報が流出している可能性があるとして、詳細について調査を進めており、判明次第報告するとしている。

(Security NEXT - 2020/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
関西電力に新電力の顧客情報が漏洩 - 経産省が報告求める
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
顧客情報含む業務用PCを紛失 - フジテックス
睡眠預金関連の帳票2692件を紛失、2支店で - 関西みらい銀
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード