Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、脆弱性へ対処した「Xcode 11.4.1」をリリース

分散型バージョン管理システム「Git」に深刻な脆弱性が明らかとなったことを受け、Appleは同脆弱性へ対処した「Xcode」のアップデートをリリースした。

今回明らかとなった「CVE-2020-5260」は、「credential helper」において改行を含む細工したURLを用いることで、Gitクライアントより認証情報を任意のホストに送信させることが可能となる脆弱性。

Appleでは同脆弱性の判明を受け、同脆弱性へ対処した「Xcode 11.4.1」をリリースした。

(Security NEXT - 2020/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.81」を公開 - 脆弱性4件を修正
「iOS 15.0.2」「iPadOS 15.0.2」がリリース - 悪用報告ある脆弱性に対処
Nike製アプリに脆弱性 - フィッシングに悪用されるおそれ
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
独自コードで検証、「Apache HTTPD」の修正不備を発見
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
「Firefox 93」が登場 - 機能強化や脆弱性の修正を実施
「Salesforce DX」のCLIで作成したURL、誰でも管理画面へアクセス可能に
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス