Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DrayTek製複数ネットワーク機器に深刻な脆弱性 - すでに悪用も

DrayTek製のネットワーク機器にコマンドインジェクションの脆弱性が明らかになった。すでに悪用も確認されており、注意が必要だ。

ファイアウォールやVPN機能などを備えた同社製ルータ「Vigor3900」「Vigor2960」「Vigor300B」に脆弱性「CVE-2020-8515」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用されると任意のコードを実行されるおそれがあり、攻撃によってシステムのアカウントが作成されたり、バックドアの設置、ネットワークの盗聴などが行われるおそれがある。

同社はアップデートを2月6日にリリースしており、利用者に対してできるだけ早急にアップデートを講じるよう注意を呼びかけていた。その後脆弱性の実証コード(PoC)が公表され、悪用や探索行為が確認されている。

Palo Alto Networksよりボットの感染に悪用されているとの指摘も出ており、米サイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)や、米MS-ISACなどが注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も