Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DrayTek製複数ネットワーク機器に深刻な脆弱性 - すでに悪用も

DrayTek製のネットワーク機器にコマンドインジェクションの脆弱性が明らかになった。すでに悪用も確認されており、注意が必要だ。

ファイアウォールやVPN機能などを備えた同社製ルータ「Vigor3900」「Vigor2960」「Vigor300B」に脆弱性「CVE-2020-8515」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用されると任意のコードを実行されるおそれがあり、攻撃によってシステムのアカウントが作成されたり、バックドアの設置、ネットワークの盗聴などが行われるおそれがある。

同社はアップデートを2月6日にリリースしており、利用者に対してできるだけ早急にアップデートを講じるよう注意を呼びかけていた。その後脆弱性の実証コード(PoC)が公表され、悪用や探索行為が確認されている。

Palo Alto Networksよりボットの感染に悪用されているとの指摘も出ており、米サイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)や、米MS-ISACなどが注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開