Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ

BD(Becton, Dickinson and Company)の複数医療システムにおいてキオスクモードを回避されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

自動投薬分配システム「Pyxis MedStationシステム」や、手術室向け投薬管理システム「Pyxis Anesthesia(PAS)ESシステム」に脆弱性「CVE-2020-10598」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用すると、ローカル環境において特定操作によりキオスクモードを回避することが可能。権限を持たない利用者によって本来アクセスできない情報が閲覧されたり、変更されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアは「6.8」。

同社ではキオスクモードの強化を図るセキュリティアップデートの準備を進めているという。また物理的なアクセスを許可されたユーザーのみに制限するといった緩和策の実施が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2020/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正