Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明

手話検定試験などを実施している全国手話研修センターにおいて、受験申込者の個人情報を保存したUSBメモリが所在不明となっている。

同法人の職員が、第14回全国手話検定試験の受験申込者に関するデータが保存された私物のUSBメモリを紛失したもの。

受験者に関する約1万件の個人情報が保存されていた。氏名や住所、生年月日、年齢、電話番号、メールアドレス、受験番号などが含まれる。データの暗号化などは実施していなかった。

3月13日にデータの保存されたUSBメモリを同職員が持ち出したが、その後の所在が不明となっている。同職員は、帰宅時に携帯電話を鞄から取りだした際、路上へ落とした可能性が高いと話しているという。

同法人では、個人情報の持ち出しを原則禁止しており、持ち出す場合は上長の許可が必要だったが守られていなかった。

同法人は関係者へ謝罪。引き続きUSBメモリを探索するとともに、情報流出が発生していないか、監視を行っている。また今回の紛失について、同試験の事務処理などに及ぼす影響はないとしている。

(Security NEXT - 2020/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意