Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 鹿児島大

鹿児島大学は、教育学部のウェブサイトが不正アクセスを受け、一部ページが改ざんされたことを明らかにした。

同大によれば、教育学部のウェブサイト内にある「サイトマップ」が海外から改ざんされ、同大の意図しない記事が掲載されたもの。

今回の改ざんについて同大は、問題のページを閲覧してもマルウェアなどへ感染するおそれはなかったと説明。同サイトでは、個人情報を保有しておらず、個人情報の流出についてもあわせて否定した。

(Security NEXT - 2020/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響
「スイーツパラダイス」の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用のおそれ
複数の文化施設が改ざん被害 - 不正サイトに誘導
不正アクセスで顧客のクレカ情報流出の可能性 - 教材販売サイト
和菓子通販サイトでクレカ情報流出 - 悪用された可能性
資格検定の申込サイトにサイバー攻撃 - データ改ざんや流出の可能性
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
ファッションブランド「MACHATT」の通販サイトに不正アクセス