Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SMBv3」に深刻な脆弱性「CVE-2020-0796」 - パッチは準備中

「Windows」における「SMBv3プロトコル」の処理に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。マイクロソフトでは更新プログラムの準備を進めている。

「Microsoft Server Message Block 3.1.1(SMBv3)」プロトコルの圧縮データを処理する機能に、脆弱性「CVE-2020-0796」が含まれていることが明らかとなったもの。リモートよりコードを実行されるおそれがある。

同社によれば、「SMBサーバ」に対しては細工したパケットを送信することで攻撃が可能。「SMBクライアント」についても、攻撃者が用意したサーバへ接続させることで脆弱性を攻撃できるという。深刻度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングした。

マイクロソフトでは、3月の月例セキュリティ更新にあわせてアドバイザリを公表し、「SMBv3」における圧縮の無効化を回避策として紹介。またTCP 445番ポートへのアクセス制限により影響を緩和できるとしているが、境界防御では内部からの攻撃に対して脆弱であるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測