Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSMTPD」に深刻な脆弱性 - 1月のものとは別の脆弱性

LinuxやBSDのディストリビューションで広く採用されているメールサーバ「OpenSMTPD」に、深刻な脆弱性が判明した。1月下旬に明らかとなった脆弱性とは異なるものだという。

リモートからルート権限でシェルコマンドの実行が可能となる脆弱性「CVE-2020-8794」が明らかとなったもの。Qualysが発見、報告した。

クライアントサイドとしては、デフォルトの構成で悪用されるおそれがある。サーバサイドとしても、対象に接続し、メールを送信することが可能であれば、クライアントサイドの脆弱性が悪用可能だという。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」。すでに実証コードが公開されている。

「OpenSMTPD」に関しては、細工したSMTPセッションによってroot権限でコマンドを実行することが可能となる脆弱性「CVE-2020-7247」が1月下旬に明らかとなったばかりだが、異なる脆弱性だという。

開発チームでは「CVE-2020-8794」のほか、「CVE-2020-8793」を解消したパッチ「同6.6.4p1」をリリースした。

(Security NEXT - 2020/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も