Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベントの中止案内メールを誤送信 - 日本財団

日本財団は、イベントの中止を通知するメールにおいて送信ミスがあり、イベント申込者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同法人によれば、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国立ハンセン病資料館で開催を予定していたトークイベントの中止を決定。

2月28日にイベント申込者131人へ中止を案内するメールを送信したが、送信先を宛先に入力したため、受信者間でメールアドレスが表示される状態となった。

同法人では、関係者に対して事態を報告し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県
「一斉送信機能」がメール誤送信の原因に - 諏訪市
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
通知メール誤送信で介護保険事業者のメアド流出 - 津市
資料のメール送信時に講座参加者のメアドが流出 - 滋賀県産業支援プラザ