Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー申込者のメアドが流出 - 首都大学東京

首都大学東京は、セミナーを案内するメールの送信ミスがあり、申込者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、2月13日10時半ごろ、金融工学研究センターの担当者がセミナーを案内するメールを送信したが、誤って送信先のメールアドレス71件を「CC」に入力。受信者間で閲覧できる状態となった。

同日18時過ぎ、送信先からの返信で誤送信が判明。対象となる申込者にメールで報告と謝罪を行い、問題のメールについて削除するよう依頼した。

(Security NEXT - 2020/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
メルマガで送信ミス、登録者のメアド流出 - 三好市
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
顧客への連絡メール誤送信でメアド流出 - スポーツ用品メーカー
メルマガ誤送信で登録者のメアド流出 - ひろしま産業振興機構
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る