Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー申込者のメアドが流出 - 首都大学東京

首都大学東京は、セミナーを案内するメールの送信ミスがあり、申込者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、2月13日10時半ごろ、金融工学研究センターの担当者がセミナーを案内するメールを送信したが、誤って送信先のメールアドレス71件を「CC」に入力。受信者間で閲覧できる状態となった。

同日18時過ぎ、送信先からの返信で誤送信が判明。対象となる申込者にメールで報告と謝罪を行い、問題のメールについて削除するよう依頼した。

(Security NEXT - 2020/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
講談社主催の女性アイドルオーディションでメアドが流出
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大