Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー申込者のメアドが流出 - 首都大学東京

首都大学東京は、セミナーを案内するメールの送信ミスがあり、申込者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同大によれば、2月13日10時半ごろ、金融工学研究センターの担当者がセミナーを案内するメールを送信したが、誤って送信先のメールアドレス71件を「CC」に入力。受信者間で閲覧できる状態となった。

同日18時過ぎ、送信先からの返信で誤送信が判明。対象となる申込者にメールで報告と謝罪を行い、問題のメールについて削除するよう依頼した。

(Security NEXT - 2020/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
農業経営者の個人情報を県内自治体に誤送信 - 静岡県
延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
訃報通知メールに個人情報を誤添付 - 丸紅社友会
アンケート回答を第三者にメールで誤送信 - 北里研究所病院
委託先がメール誤送信、講座受講予定者のメアド流出 - 神奈川県
保育所でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 守谷市
就職フェアの案内メールで送信ミス、メアドが流出 - 三重県