Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESET製品が「JWord」を不審プログラムと検知 - キヤノンITSが回避方法をアナウンス

キヤノンITソリューションズは、「ESET Smart Security」「ESET NOD32アンチウイルス」において、JWordが提供している「JWordプラグイン」のインストーラーを不正である可能性を含んだプログラムとして検知する問題が発生したとして、回避方法をアナウンスしている。

同社では、「JWord」関連ファイルには悪意なく、同社が明示する仕様やプラバシーポリシーに反する情報の流出は確認されておらず、問題ないプログラムであるとの見解を示し、回避方法を紹介している。

「JWordプラグイン」は、他セキュリティ対策製品においても同様の修正が行われたケースがある。またスパイウェアであるとの見解を示しているセキュリティベンダーも存在している。

キヤノンITソリューションズ
http://www.canon-its.co.jp/

(Security NEXT - 2009/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中